ビジネスマナーという思いやりの心

ビジネスマナーには少し厄介なマナーというのもあります。それは、空気を読むということから発生する事柄です。誰が指示したわけでもなく、暗黙の了解ということでやる事はかなりあるようです。 ビジネスマナーと聞いて、難しいものだと考える人は多いものです。電話応対や接客などが一番に思い出されるものですが、いずれも根本にあるものは相手を敬い迷惑をかけないようにするという日本人ならではの思いやりの心です。相手のことを考えた立居振るまいをするということが一番大切です。ビジネスマナーだけではなくあらゆるマナーに共通することですが、形だけしっかりしていればいいというものではありません。形ばかりのマニュアルめいたマナーではロボットと同じです。人間らしい心がこもった対応が出来るかどうかが重要なのです。まず一番よく言われるのが「身だしなみ」ですが、これは初対面では外見からしか判断できないというのが原因です。人は第一印象で8割相手のイメージが決まってしまうと言われています。その第一印象は外見で決まります。人間にとって視覚的なイメージというのはとても強いものです。ここで好印象を与えることができるかどうかで、その後も変わってきます。

大阪市 貸店舗をスペースマネジメントは取り揃え中です。
2287

上司への気遣い

上司や社員の機密事項はむやみに話したりせず、社内ではもちろんのこと、通勤途中や家庭内で上司や社員の悪口や文句は言わないように気をつけます。基本的には上司の仕事の進め方に合わせることです。以前の上司と仕事の進め方や意見が違ったとしても、上司の考えに合わせ、これは自分の成長の糧になるととらえて仕事に取り組みます。秘書に大切なビジネスマナーは、上司の評価に繋がるものです。こまかい所にもきちんと気を配る努力が必要です。

Copyright ©All rights reserved.ビジネスマナーという思いやりの心.